藤子・F・不二雄

12月1日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

漫画家であり、ドラえもんの作者でもある、藤子・F・不二雄 1933年の今日が誕生日です。

安孫子素雄(藤子不二雄A)と共に藤子不二雄としてコンビを組み作品を
発表した。

1951年、安孫子と共に毎日小学生新聞に投稿した『天使の玉ちゃん』が
見事採用され、共に17歳にして漫画家デビューを果たした。

2人は博学博識で、そこから生まれるユニークかつユーモア溢れるアイディアは数知れない。その後、オバケのQ太郎、パーマン、ドラえもん等の
大ヒット作にめぐまれる。1987年にコンビを解消し、藤子不二雄Fとして活動を始めたが、約1年後藤子・F・不二雄に改名した。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています。

田口 トモロヲ

11月30日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

プロジェクトXのナレーターとして有名である、田口 トモロヲ 1957年の今日が誕生日です。

元エロ劇画家。元パンクバンドばちかぶりのボーカリスト。東京都武蔵野市出身。

大学を中退後、エロ漫画家、ライター、イラストレーターなどで生計を立てていた。1978年劇団「発見の会」入団。1982年「俗物図鑑」(筒井康隆原作)で映画デビュー。

現在でも「初期エロ劇画家時代の彼にも眼を見張るものがあった」という専門家の意見は多い。が、彼本人は「初期の作品ほど技術がないのが自分でもわかってしまって、飽きてやめた。」と言っている。

1994年に炭鉱夫の息子でハリウッド俳優のチャールズ・ブロンソンの男気に憧れるあまり、漫画家のみうらじゅんとユニット「ブロンソンズ」を結成。

三池崇史監督映画には必ずと言ってもいいほど頻繁に出演している。また塚本晋也監督のデビュー映画『鉄男』の主演など、カルト映画への出演でも知られる。2003年映画監督業へ挑戦、『アイデン&ティティ』を撮影する。

演劇界でのエキセントリックな活動で知られる一方、テレビドラマ出演は殆ど無いが、2000年4月から2005年12月に放送されたNHK総合テレビ「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」の比較的穏やかな口調のナレーションで人気を集めた。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

尾崎豊

11月29日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

尾崎豊 1965年11月29日が誕生日です。

東京都世田谷区出身。ISOTOPE(アイソトープ)所属。1983年、シングル
「15の夜」、アルバム『十七歳の地図』でデビュー。ヒット曲「卒業」、「I LOVE YOU」、「OH MY LITTLE GIRL」などで知られる。血液型はB型。

1992年4月25日、肺水腫で他界(享年26歳)。

田柄第二保育園から田柄第二小学校に入学するが、尾崎豊の父が朝霞市に
新居を構えたため朝霞市立の小学校へ転校する。

父親が防衛庁職員であったため、いずれも自衛隊の駐屯地が近くにある街
に住む。家庭は熱心な創価学会ファミリーであった。

小学校卒業後は本人の強い希望により練馬東中学校へ越境入学する。
練馬東中学校時代は、生徒会副会長を務めた。同期には中田久美がいた。
校舎の裏でタバコをふかした場所は今でも残っている。

第一志望であった埼玉県内の私学の最難関である慶応義塾志木高等学校に
不合格となり、青山学院高等部に進学。さらに、1月15日に受けた陸上自衛隊少年工科学校の1次試験は20倍の競争率を突破して合格。しかし、髪を短くしなくてはいけないと言う理由で、既に合格していた青学に進学することに
なった。

青山学院高等部を無期限停学となり、ファーストアルバムを制作する契機となる。出席日数が足りず留年となり、自主退学。高校の一期先輩には高橋克典、二期後輩には蓮舫がおり、在学中から他界までそれなりの交流があったともいう説があるがはっきりしない。

ファーストアルバムでの尾崎豊の歌詞は、何度も何度も書き直されたもので、ソニーでのレコーディングはリテイクの嵐だった。尾崎の持つ情熱を
いかに文字として表現させるという事が、当初のテーマであった。

尾崎豊は完全な口コミでファン層を広げていった。このため、ファーストアルバムである『十七歳の地図』は、3000枚を売るのも大変であり、セールス的には当初は成功しなかった。が、その後徐々に人気が出て、『回帰線』収録曲の『卒業』の大ヒットにより、その地位を確立した。

10代の頃は大人への反抗や反体制をテーマにした歌を多く歌い、新聞など
で「10代の教祖」とも呼ばれたが、本人及びコアなファンはこうした呼称を嫌っていたとも言われている。だが、校内暴力が横行していた時代と相まって一種の社会現象ともなる(当時から深夜に中学校の窓ガラスを割って回るなどの狼藉を働く者が尾崎デビュー前からいたが、デビュー後の一部ではシングル「卒業」の歌詞に触発されたものもあったと見られる)。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

ラルクアンシエル〜Ken

11月28日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

ラルクアンシエルのギタリスト、ken 1968年の今日が誕生日です。

L'Arc〜en〜Cielのギタリスト、P'UNK〜EN〜CIELのドラマー、
SONS OF ALL PUSSYSのヴォーカリスト兼ギタリストとして、また
ソロアーティストとしても活動している。

AB型。身長は178センチ。無類のダム好きであり、タモリ倶楽部のダム特集
にも出演経験がある。

ヘビースモーカーで、「READY STEADY GO」などではPV内でも喫煙している。2006年8月にソロデビュー。愛称は「kenちゃん」。

kenがギターを手にしたのは中学生の頃で、本人曰く「姉のフォークギター
が落ちていたので弾いてみたら音色に惹かれた」そうだ。

その後エレキギターに持ち替え幼なじみのtetsuらと共に楽器を手に遊ぶよ
うになる。初めてのステージは中学校の文化祭でオジー・オズボーンの
コピーバンドだったという。ちなみにkenはこのときヴォーカルをやっていた。

滋賀県立彦根東高等学校に入ってもギターは弾いていたものの特定の
バンドに所属することはしなかった。しかし高校3年の時にtetsuに誘われ
ギタリストの脱退したBystonwellに参加する。

大学受験のためにBystonwellには半年しか在籍しなかったもののtetsu曰
く「kenちゃんは当時からいい曲を書いていた」そうだ。
その後名古屋工業大学建築学科へ進学しバンド活動からは離れていたが、1992年、大学4年次の時にtetsuからL'Arc〜en〜Cielに加入するよう依頼を
受ける。

就職が決まりかかっていたkenはどちらを選ぶか1週間考え、
当時L'Arc〜en〜Cielが活動していた大阪行きを決定する。この時、大学は
退学せず休学としていた。

仲の良かったSakuraが脱退した時から、Sakuraと同じ銘柄タバコをライブ
中にも吸うようになる。ラルク活動開始当初はtetsuと共にタバコを吸って
いないメンバーであったが、大ブレイクのタイミングで喫煙を始めたため
にkenはタバコというイメージが出来上がっている。

2003年からはL'Arc〜en〜Cielの元ドラムSakuraなどと「SONS OF ALL PUSSYS」を結成。ライブハウスでのライブなどで細々と活動していたが、2006年からソロ活動をすることを発表した。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

小室哲哉

11月27日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

B'zの松本孝弘が参加していたことでもお馴染みのTMNのメンバー
小室 哲哉 1958年の今日が誕生日です。

音楽家、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、アレンジャー、
プログラマー、ミキシングエンジニア、キーボーディスト、DJなど様々な
顔を持つ、日本を代表するミュージシャン・クリエイター。

夫人は、globeのボーカルKEIKO。

また、音楽プロデュースや作家活動と平行してTM NETWORK、globe、GABALL
など複数のユニットで活動する。

日本国内のマネージメントは吉本興業が行っている。東京都府中市出身、

早稲田実業学校高等部商業科を経て早稲田大学除籍だが、現在推薦校友になっている。なお、母校の早稲田実業学校には『小室 哲哉記念ホール』が
ある。

2001年に早稲田実業学校が開校百周年を向かえ、その記念の一つである
百周年記念歌『ワセダ輝く』の作曲(作詞は奥島孝康)もしている。

1994年のTMN終了前後から、TRF(Tetsuya komuro Rave Factory)や
篠原涼子、globe、安室奈美恵、H Jungle with t、華原朋美、鈴木あみなどのプロデュース活動を行い、5年程の間に数々のミリオンセラー記録を打ち立てた。マスコミが小室 哲哉ファミリーという名称でカテゴリー化するなど、社会現象を起し、プロデュースしたシングル・アルバムの総売上は1億7000万枚に達したという。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

下條アトム

11月26日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

俳優の下條 アトム 1946年の今日が誕生日です。

東京都出身の俳優、声優(ナレーター)。同じく俳優の下條正巳を父に、元女優の田上嘉子を母に持つ。

アトムという名前は本名であり、父・正巳が第二次世界大戦後間もなく生
まれた息子を、将来は日本でもアメリカのように名前・苗字の順に呼ぶよ
うになり、ローマ字の順に名簿も作られるだろうと考え、ならば
アルファベットのAで始まる名前なら最初に呼ばれるという理由で、
原子を意味する英語Atomから名付けた。

手塚治虫の漫画「鉄腕アトム」は下條アトムの命名より後に描かれたもの
であり、同名は偶然の一致である。

鉄腕アトムの連載当時、下條アトムという少年が実在することが話題となり、当時少年だった下條アトムは手塚治虫と対面している。

また、下條アトムの小学生時代の同級生にウランという名前の女の子が
いて、当時のテレビ番組に2人で出演したことがある。

現在の日本においてもめずらしい名前であるが、当時の日本では誰も想像できないくらい奇抜であったに違いない。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。