王貞治、本塁打世界記録を達成!

9月3日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

今年の夏の高校野球、優勝チーム早稲田実業の大先輩にあたる王貞治が
1977年の今日、本塁打記録を達成しました。

対ヤクルト戦で、アメリカメジャーリーグのハンク・アーロン選手が持っていた当時のメジャーリーグにおける本塁打記録(755本)を破る756号を鈴木康二朗から打つ

(ただし、当時の日米のレベル差と日本の球場の狭さを考慮する必要がある。後楽園球場は両翼の実測が87mほどであり、外野に向かって傾斜が下がっておりバッターにとっては非常に有利な球場として知られる)。

これにより、同年国民栄誉賞第1号を授与された。1980年に現役引退。
現役本塁打通算868本は日本、アメリカともに未だ破られていない

(ただし、ニグロリーグのジョシュ・ギブソンの通算本塁打数を962本とする説があり、断定できない)。また、通算OPS1位、13年連続を含む15回の本塁打王、三冠王2回などの記録も残している。

ちなみに通算本塁打記録を球団がギネスブックに登録申請したが、日本の野球場がメジャーに比べて狭いとの理由から認められなかった(これは野球の世界に「世界記録」という概念がない、という立場からであって、前述のジョシュ・ギブソンの記録などと並んで記載はされている)。

王貞治eincome 
名将が教える勝つ組織のリーダー学
詳細はリンクをクリック!
前略、パーの神様へ
詳細はリンクをクリック!
0529祭5【税込・送料・代引手数料無料】世界の王貞治氏も推薦!...
詳細はリンクをクリック!
王貞治の「勝つための変身」
詳細はリンクをクリック!





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23021793

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。