清水国明

10月15日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

あのねのねのメンバー、清水国明 1950年の今日が誕生日です。

1973年に、原田伸郎とのコンビで「あのねのね」として、「赤とんぼの唄」でデビュー。大ヒットを記録した。「あのねのね」結成当初は4人編成で、残る2人は笑福亭鶴瓶とその妻だった。

「あのねのね」時代は台本を書き、芸でも原田をリードする立場だった。

80年代になると担当していたラジオ番組でリスナーからの一枚のハガキから話が膨らみ、鈴鹿8時間耐久ロードレースに出場を宣言。

当時、レースはおろかバイクの免許さえ持っていなかったが一念発起して二輪免許を取得。自身のサポートクラブ的団体である國武舞レーシングを主宰しバイク業界で精力的に活動を始める。

84年には8耐の登竜門的レースである鈴鹿4時間耐久レースに出場、なんとか完走を果たす。翌85年も4耐に出場。その後、八耐出場に必要な国際A級ライセンスを取得し、1990年、元世界GPライダーの福田照男とペアを組み8耐に初参戦。予選で鎖骨を骨折するトラブルに見舞われながらも見事完走を果たした。そして、これをもってレース界からの引退を宣言する。

90年代からはアウトドアに凝るようになった。山に篭って木を切ることを生きがいとしており、近年「復活ライブ」を行う際には原田が台本を書いている。原田はその際「勘弁してくれよ。俺、ネタなんか考えたことないねん」と語っている。

私生活では歌手をしていた清水クーコと結婚、カカア天下&おしどり夫婦としてしられたが離婚(子なし)。清水・クーコとも離婚の理由を一切沈黙したが、当時芸能人は離婚を公表する際、虚実はともあれ離婚の理由・経緯を一通りマスコミに説明するのが普通だったので、元夫婦がとった行動は当時としては異例だった。クーコはしばらくあのねのね事務所に所属・芸能活動、そして国明とはよき友人関係を続けたが、自身の海外留学・清水の再婚が決まったことなどを機に事実上引退。クーコは1991年3月子宮頸癌により他界したが、クーコの葬儀の喪主は清水が務め、最後まで「良きパートナー」を貫いた。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています。

清水国明eincome 
釣戦記
詳細はリンクをクリック!
【単行本】「あたり前の家」がなぜつくれないのか?
詳細はリンクをクリック!
清水国明の自然遊び日記
詳細はリンクをクリック!
リゾート宣言
詳細はリンクをクリック!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。