福本 豊

11月7日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

福本 豊(ふくもと ゆたか、1947年11月7日 - )は大阪府大阪市生野区出身のプロ野球選手、野球解説者である

来歴・人物
大阪鉄道高校(現・大阪産業大学附属高校、阪南大学高等学校)を卒業後、社会人野球の松下電器を経て、1968年、同僚の加藤英司と共にドラフト7位で阪急ブレーブスに入団。

2年目の1970年からレギュラーに定着し、この年75盗塁で盗塁王を獲得。1972年には世界記録(当時)となるシーズン106盗塁を記録、チームのリーグ優勝に大きく貢献し、盗塁王としては初のMVPに輝いた。 1970年から1982年まで13年連続で盗塁王を獲得し、1983年6月には、当時ルー・ブロックが持っていたメジャー記録を更新する通算939盗塁を記録し、同年2000本安打も達成。走塁面だけでなく、俊足を生かした広範な守備範囲を誇る外野手(主にセンター)としても名を馳せていた。山田久志、今井雄太郎、加藤英司らと共に、阪急黄金時代を作り上げる原動力となった選手の一人である。

1988年、41歳で現役を引退。身長168cmという野球選手としては小柄な体格ながら、通算1065盗塁(歴代1位)の俊足だけでなく、通算本塁打208本、通算2543安打(衣笠祥雄と並ぶ歴代5位タイ)と打力も兼ね備えていた。現在でも「史上最強の1番打者」との呼び声が高い。

現役引退後は、1989年〜1991年まで、オリックスの打撃コーチ、二軍監督を務め、1998年か〜1999年まで阪神タイガースの打撃コーチや守備走塁コーチを歴任した。

現在は朝日放送・サンテレビ野球解説者、スポーツ報知評論家。軽妙な語り口とユーモラスなコメントで人気があり、ファンの間では『福本語録』(後述)として親しまれている。

解説者としては、リードオフマンとしての攻撃面や守備・走塁に対しての厳しい批評や、比較的公平な評論などで評価が高い。ヘッドスライディングを行った選手に対して「到達時間が変わらないのにケガをする確率が高くなる」、一見ファインプレーに見える守備でも「スタートが悪い」「打者の特徴を考慮した守備位置ではない」と指摘したり、2003年の阪神タイガース対福岡ダイエーホークスの日本シリーズの勝敗予想では、関西のテレビ番組であったにもかかわらずダイエーの勝利を予測したりしていた。



こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。