松岡 修造

11月6日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

日本の元プロテニスプレイヤー、シングルス自己最高ランキング、46位(1992年)の記録をもつ 松岡 修造 1967年の今日が誕生日です。


慶應義塾幼稚舎・慶應義塾中等部出身。
中等部在学中に、ジュニア選手の登竜門と言われるアメリカの
「オレンジボウル選手権」で優勝を果たすなど、早くからテニスの才能を開花させる。

その後松岡 修造、慶應義塾高等学校に進むが、テニスの名門柳川高等学校
に編入〜中退して渡米。

1984年にインターハイを制覇し、そしてプロに転向。

ジャパン・オープンにおいて、当時の世界トップ選手
ミロスラフ・メチージュ(ソウル五輪金メダリスト)を撃破し、一躍注目
を浴びる。

1992年4月の「韓国オープン」で、日本人の男子プロテニス選手として初
のATPツアー優勝を達成。

1995年のウィンブルドンで、日本人の男子テニス選手として「62年ぶり」
のベスト8入りを果たす。その準々決勝では1番コートに立ち、第2シードの
ピート・サンプラスにセットカウント 1-3 (スコア:7-6, 3-6, 4-6, 2-6)で惜敗した。

典型的なビッグ・サーバーで、サービスの調子が良い時は手がつけられな
いほどの強さを誇った。だがその反面動きが硬く、多くの故障にも悩まさ
れた。

1998年春に第一線を退いた後は、後継者育成のための指導を行うと
同時に、スポーツ・コメンテーターとして日本テレビ系の
『スポーツMAX』(2004年3月まで放送、月曜日)に出演した。

長野オリンピックやソルトレーク冬季五輪、またアテネ五輪の解説にも
参加。

2004年1月~3月に『エースをねらえ!』が実写ドラマになった時は、出演者
のテニス監修を担当した。

フジテレビの『くいしん坊!万才』のレポーター、2004年4月からはテレビ
朝日系『報道STATION』でもスポーツキャスターを務めている。

また、たびたびTBSの『さんまのSUPERからくりTV』にも出演し、同番組内
で明石家さんまVS松岡 修造の試合を披露した。現役テニス選手時代と少しも変わらない熱血ぶりを、テレビ解説を含む引退後の仕事でも披露している。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

時間つぶしで
Excerpt: ちょっぴり大人な感じ
Weblog: オヒマBLOG
Tracked: 2006-11-06 12:29

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。