渡辺満里奈

11月18日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

元おにゃんこクラブのメンバー、渡辺満里奈 1970年の今日が誕生日です。

血液型はB型。中延学園高等学校卒業。

“満里奈”という名は、父親がヨット好きだったため、マリーナに因んで
命名されたといわれている。

夕やけニャンニャンの「ザ・スカウト アイドルを探せ」では、月曜日の
登場から圧倒的な存在感を示し、金曜日には高得点で合格を果たした。

その際、とんねるずに「おニャン子は渡辺満里奈のものだ!」とまで言わさしめた。それほどまでの逸材であったが、後に本人曰く、この合格以前にいくつものオーディションで落選していた、とのことである。

翌週の1986年3月27日におニャン子クラブ会員番号36番としてデビュー。

とんねるずの予言を具現化するように、所属早々より人気を博し、後期
おニャン子クラブの主力メンバーとなった。また、とんねるず
(と秋元康)にかわいがられ、妹分的な位置づけとなった。

おニャン子クラブ在籍中のソロデビュー曲「深呼吸して」は、当時の
オリコン初登場1位最年少記録(15歳11ヶ月)であり、2001年(平成13年)
3月27日、当時モーニング娘。だった後藤真希のデビュー曲「愛のバカやろう」(15歳6ヶ月)が登場するまで、約15年間この記録は破られなかった。

おニャン子クラブ解散後も歌手としてアイドル番組やバラエティーなどに出演。当初は アイドルとして、事務所の意向に沿った形で当時のアイドルらしい衣装や楽曲で出演していたが、途中から渡辺満里奈自身のセンスが
事務所に買われ、独自の路線で曲や衣装なども変わっていき、他の
アイドルとはまったく別の方向性で同性からも人気を得た。

その後、とんねるずと秋元康の縁から「とんねるずのみなさんのおかげです」にレギュラー出演、お笑いの資質も見出され芸歴に幅が拡がり、後の
司会業をはじめとする様々な番組の出演への道が開けた。

また、その頃から本人の意向により、おニャン子メンバーであったことを
表に出したがらないようにもなる(コンサートでもファンに対し、おニャン子時代の応援グッツは持ってこないように通達が出ていた)。

そのため、他のメンバーとも積極的に関わろうとはしなくなったが、
フジテレビがお台場に移転した際の特番で、一度だけ『セーラー服を脱が
さないで』を元メンバー達と一緒に歌っている。

1990年代前半はアンテナ系タレントとしてサブカル系人脈と交流を深めるが、サブカル好きの女子には嫌われていた。

現在では、渡辺満里奈のファッション、旅行、健康などの本人の趣味による本が同性に好評で、その方面での人気が強まってきている。特に台湾通として知られている。

夫はお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤。2005年4月5日、テレビ朝日の
番組「銭形金太郎」で、共演している名倉との結婚を発表した。

2005年5月5日に婚姻届を提出し、10月23日に東京プリンスホテルにて
披露宴を行った。なお、自身の公式HPでの日記に度々書かれている
「彼」「だんなはん」とは、たいてい名倉のことである。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27925038

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。