尾藤イサオ

11月22日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

歌手から俳優に転進した尾藤 イサオ 1943年の今日が誕生日です。

1953年に、曲芸師鏡小鉄の内弟子となり、幼少時代は曲芸団に所属し、
曲芸師として活躍。1961年に18歳で歌手デビュー。

1962年にはアニマルズのカバー「悲しき願い」
(原題 Don't Let Me Be Misunderstood)がヒットし、1963年には、
第20回記念「日劇ウエスタンカーニバル・プレスリー賞」を受賞。

マック・ザ・ナイフのカバーもヒット。一時期はブルーコメッツのメンバーでもあった。

尾藤 イサオのエネルギッシュで熱いシャウトのヴォーカルは彼の特徴の一つでもあり、
ボクシングアニメ「あしたのジョー」の主題歌は正に適役である。

後年、テレビ朝日の『いきなり!黄金伝説。』の「カラオケで100点取るまで歌い続ける男」に出演。伝説に挑戦中のココリコの遠藤章造に助っ人として登場し、「あしたのジョー」を歌うも100点を出すことは出来なかった。

1966年ビートルズ日本公演の前座として内田裕也ブルージーンズジャッキー吉川とブルーコメッツと出演。 合同演奏などを行う。

同じメンバーにビートルズ来日前に渡辺プロよりの移籍に絡む問題でブールジーンズのリーダーを脱退した 寺内タケシを含めたメンバーで1964年東芝音楽工業より発売されたアルバム サーフィン&ホッドロッドと1965年発売のレッツゴーモンキーはグループサウンズ時代の前の 傑作日本のロックとして記念すべき名盤。現在CDで入手可能。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28363047

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。