岡田彰布

11月25日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

阪神タイガースの監督、岡田 彰布 1957年の今日が誕生日です。

大阪府大阪市東区(現・中央区)出身のプロ野球選手。

現役時代の愛称はノムカン(野村克也と藤山寛美を足して2で割ったような
顔をしているため)。一部のインターネット掲示板ではどんでん
(坂田利夫と味の素のうどんスープ「ほんだし うどんおでんだし」の広告で共演したため)。主なポジションは内野手(1984年のみ外野手)。

父・勇郎(いさお)(1986年死去)が村山実、藤本勝巳ら阪神タイガース
の選手と親交があったことから、幼少時より阪神と縁深く育った。

1962年に阪神タイガースがリーグ優勝し阪神間をパレードした際、当時5歳
の彰布少年が車に乗せてもらった話は有名。また高校の時村山の引退試合
で村山とキャッチボールをしたこともある。

早大から1979年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団。

1980年、入団1年目から二塁のポジションを獲得、新人王。ただし当初は、
監督ドン・ブレイザーが「岡田はまだ新人」という理由で彼の起用に消極的で、ヤクルトスワローズから獲得したデイヴ・ヒルトンを成績不振にもかかわらず使い続けた。

掛布雅之が負傷したあとも岡田の起用を見合わせたため、ファンの間から「なぜ岡田を出さない」という不満が盛り上がり、ファンからの嫌がらせ
が目に見えて激しくなった。そこで球団は不明瞭な形でブレイザーを
解任し、コーチだった中西太に監督を交代させた。このあとでは出場機会
が増え、新人王につながった。

この時期に外国人選手に出場機会を奪われたことは、岡田にとって深い
トラウマになったらしい。のちに監督になってからも、「優秀な外人打者
を取れ」というフロントの主張を頑として拒否し、日本人選手の育成に
こだわることが多い。このことは岡田の往年のトラウマによるとも言える。逆に言えば、当時の岡田はそれほどにも深く傷ついたことになる。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。