尾崎豊

11月29日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

尾崎豊 1965年11月29日が誕生日です。

東京都世田谷区出身。ISOTOPE(アイソトープ)所属。1983年、シングル
「15の夜」、アルバム『十七歳の地図』でデビュー。ヒット曲「卒業」、「I LOVE YOU」、「OH MY LITTLE GIRL」などで知られる。血液型はB型。

1992年4月25日、肺水腫で他界(享年26歳)。

田柄第二保育園から田柄第二小学校に入学するが、尾崎豊の父が朝霞市に
新居を構えたため朝霞市立の小学校へ転校する。

父親が防衛庁職員であったため、いずれも自衛隊の駐屯地が近くにある街
に住む。家庭は熱心な創価学会ファミリーであった。

小学校卒業後は本人の強い希望により練馬東中学校へ越境入学する。
練馬東中学校時代は、生徒会副会長を務めた。同期には中田久美がいた。
校舎の裏でタバコをふかした場所は今でも残っている。

第一志望であった埼玉県内の私学の最難関である慶応義塾志木高等学校に
不合格となり、青山学院高等部に進学。さらに、1月15日に受けた陸上自衛隊少年工科学校の1次試験は20倍の競争率を突破して合格。しかし、髪を短くしなくてはいけないと言う理由で、既に合格していた青学に進学することに
なった。

青山学院高等部を無期限停学となり、ファーストアルバムを制作する契機となる。出席日数が足りず留年となり、自主退学。高校の一期先輩には高橋克典、二期後輩には蓮舫がおり、在学中から他界までそれなりの交流があったともいう説があるがはっきりしない。

ファーストアルバムでの尾崎豊の歌詞は、何度も何度も書き直されたもので、ソニーでのレコーディングはリテイクの嵐だった。尾崎の持つ情熱を
いかに文字として表現させるという事が、当初のテーマであった。

尾崎豊は完全な口コミでファン層を広げていった。このため、ファーストアルバムである『十七歳の地図』は、3000枚を売るのも大変であり、セールス的には当初は成功しなかった。が、その後徐々に人気が出て、『回帰線』収録曲の『卒業』の大ヒットにより、その地位を確立した。

10代の頃は大人への反抗や反体制をテーマにした歌を多く歌い、新聞など
で「10代の教祖」とも呼ばれたが、本人及びコアなファンはこうした呼称を嫌っていたとも言われている。だが、校内暴力が横行していた時代と相まって一種の社会現象ともなる(当時から深夜に中学校の窓ガラスを割って回るなどの狼藉を働く者が尾崎デビュー前からいたが、デビュー後の一部ではシングル「卒業」の歌詞に触発されたものもあったと見られる)。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28381039

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。