岡田彰布

11月25日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

阪神タイガースの監督、岡田 彰布 1957年の今日が誕生日です。

大阪府大阪市東区(現・中央区)出身のプロ野球選手。

現役時代の愛称はノムカン(野村克也と藤山寛美を足して2で割ったような
顔をしているため)。一部のインターネット掲示板ではどんでん
(坂田利夫と味の素のうどんスープ「ほんだし うどんおでんだし」の広告で共演したため)。主なポジションは内野手(1984年のみ外野手)。

父・勇郎(いさお)(1986年死去)が村山実、藤本勝巳ら阪神タイガース
の選手と親交があったことから、幼少時より阪神と縁深く育った。

1962年に阪神タイガースがリーグ優勝し阪神間をパレードした際、当時5歳
の彰布少年が車に乗せてもらった話は有名。また高校の時村山の引退試合
で村山とキャッチボールをしたこともある。

早大から1979年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団。

1980年、入団1年目から二塁のポジションを獲得、新人王。ただし当初は、
監督ドン・ブレイザーが「岡田はまだ新人」という理由で彼の起用に消極的で、ヤクルトスワローズから獲得したデイヴ・ヒルトンを成績不振にもかかわらず使い続けた。

掛布雅之が負傷したあとも岡田の起用を見合わせたため、ファンの間から「なぜ岡田を出さない」という不満が盛り上がり、ファンからの嫌がらせ
が目に見えて激しくなった。そこで球団は不明瞭な形でブレイザーを
解任し、コーチだった中西太に監督を交代させた。このあとでは出場機会
が増え、新人王につながった。

この時期に外国人選手に出場機会を奪われたことは、岡田にとって深い
トラウマになったらしい。のちに監督になってからも、「優秀な外人打者
を取れ」というフロントの主張を頑として拒否し、日本人選手の育成に
こだわることが多い。このことは岡田の往年のトラウマによるとも言える。逆に言えば、当時の岡田はそれほどにも深く傷ついたことになる。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

福本 豊

11月7日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

福本 豊(ふくもと ゆたか、1947年11月7日 - )は大阪府大阪市生野区出身のプロ野球選手、野球解説者である

来歴・人物
大阪鉄道高校(現・大阪産業大学附属高校、阪南大学高等学校)を卒業後、社会人野球の松下電器を経て、1968年、同僚の加藤英司と共にドラフト7位で阪急ブレーブスに入団。

2年目の1970年からレギュラーに定着し、この年75盗塁で盗塁王を獲得。1972年には世界記録(当時)となるシーズン106盗塁を記録、チームのリーグ優勝に大きく貢献し、盗塁王としては初のMVPに輝いた。 1970年から1982年まで13年連続で盗塁王を獲得し、1983年6月には、当時ルー・ブロックが持っていたメジャー記録を更新する通算939盗塁を記録し、同年2000本安打も達成。走塁面だけでなく、俊足を生かした広範な守備範囲を誇る外野手(主にセンター)としても名を馳せていた。山田久志、今井雄太郎、加藤英司らと共に、阪急黄金時代を作り上げる原動力となった選手の一人である。

1988年、41歳で現役を引退。身長168cmという野球選手としては小柄な体格ながら、通算1065盗塁(歴代1位)の俊足だけでなく、通算本塁打208本、通算2543安打(衣笠祥雄と並ぶ歴代5位タイ)と打力も兼ね備えていた。現在でも「史上最強の1番打者」との呼び声が高い。

現役引退後は、1989年〜1991年まで、オリックスの打撃コーチ、二軍監督を務め、1998年か〜1999年まで阪神タイガースの打撃コーチや守備走塁コーチを歴任した。

現在は朝日放送・サンテレビ野球解説者、スポーツ報知評論家。軽妙な語り口とユーモラスなコメントで人気があり、ファンの間では『福本語録』(後述)として親しまれている。

解説者としては、リードオフマンとしての攻撃面や守備・走塁に対しての厳しい批評や、比較的公平な評論などで評価が高い。ヘッドスライディングを行った選手に対して「到達時間が変わらないのにケガをする確率が高くなる」、一見ファインプレーに見える守備でも「スタートが悪い」「打者の特徴を考慮した守備位置ではない」と指摘したり、2003年の阪神タイガース対福岡ダイエーホークスの日本シリーズの勝敗予想では、関西のテレビ番組であったにもかかわらずダイエーの勝利を予測したりしていた。



こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

川相昌弘

9月27日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

野球選手 川相昌弘 1964年の今日が誕生日です。

1982年ドラフト4位で読売ジャイアンツに入団。高校時代は投手だったが、
プロに入ってすぐ野手に転向。入団当初は2軍暮らしだったが、2軍コーチだった須藤豊の熱心な指導により徐々に才能が開花。

1984年に守備面が当時の王貞治監督の目に留まり1軍に初昇格した(同い年で同期の斎藤雅樹も高卒新人時代は1軍に昇格できなかった)。1985年から守備要員として1軍に定着し、1987年のリーグ優勝に貢献した。

王監督時代には打撃面で伸び悩みスイッチヒッターに挑戦した時期もあったが、結局は右打ちに戻す。当時の巨人は衰えはじめていた河埜和正の後を
継ぐ遊撃手の定位置争いが激化しており、鴻野淳基や岡崎郁、勝呂博憲らが定位置獲得を目指していた。しかし、地味な存在であった川相は彼らの影に隠れていたが、持ち前の守備能力の高さや確実性のある小技も買われ、藤田元司監督が就任した1989年後半から遊撃手のレギュラーとして起用された。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています。

川相昌弘eincome 
■セール■プロ野球 BBM ヒストリックコレクション 2006
詳細はリンクをクリック!
’95読売ジャイアンツ選手別応援歌
詳細はリンクをクリック!
2006年中日ドラゴンズ選手名鑑
詳細はリンクをクリック!
二番打者組織論
詳細はリンクをクリック!

王貞治、本塁打世界記録を達成!

9月3日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

今年の夏の高校野球、優勝チーム早稲田実業の大先輩にあたる王貞治が
1977年の今日、本塁打記録を達成しました。

対ヤクルト戦で、アメリカメジャーリーグのハンク・アーロン選手が持っていた当時のメジャーリーグにおける本塁打記録(755本)を破る756号を鈴木康二朗から打つ

(ただし、当時の日米のレベル差と日本の球場の狭さを考慮する必要がある。後楽園球場は両翼の実測が87mほどであり、外野に向かって傾斜が下がっておりバッターにとっては非常に有利な球場として知られる)。

これにより、同年国民栄誉賞第1号を授与された。1980年に現役引退。
現役本塁打通算868本は日本、アメリカともに未だ破られていない

(ただし、ニグロリーグのジョシュ・ギブソンの通算本塁打数を962本とする説があり、断定できない)。また、通算OPS1位、13年連続を含む15回の本塁打王、三冠王2回などの記録も残している。

ちなみに通算本塁打記録を球団がギネスブックに登録申請したが、日本の野球場がメジャーに比べて狭いとの理由から認められなかった(これは野球の世界に「世界記録」という概念がない、という立場からであって、前述のジョシュ・ギブソンの記録などと並んで記載はされている)。

王貞治eincome 
名将が教える勝つ組織のリーダー学
詳細はリンクをクリック!
前略、パーの神様へ
詳細はリンクをクリック!
0529祭5【税込・送料・代引手数料無料】世界の王貞治氏も推薦!...
詳細はリンクをクリック!
王貞治の「勝つための変身」
詳細はリンクをクリック!





野茂英雄

8月31日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

日本人初のメジャーリーガーとして話題を呼んだ野茂英雄 1968年の今日
が誕生日です。


1989年のドラフトで、史上最多の8球団(巨人(大森剛を指名)、広島(佐々岡真司を指名)、中日(与田剛を指名)、西武(潮崎哲也を指名)以外の阪神、ロッテ、ヤクルト、大洋、ダイエー、日本ハム、オリックス、近鉄)から1位指名を受け、抽選で近鉄が交渉権を獲得した。(その後、阪神は葛西稔、ロッテは小宮山悟、ヤクルトは西村龍次、大洋は佐々木主浩、ダイエーは元木大介、日本ハムは酒井光次郎、オリックスは佐藤和弘を指名)

初勝利はプロ4試合目の登板となる1990年4月29日の対オリックス戦(西宮)。この試合、完投で17奪三振の日本タイ記録(当時)を樹立し、「ドクターK伝説」の幕開けを飾るにふさわしい勝利を飾った。

1990年〜1993年の4年間、最多勝利と最多奪三振のタイトルを独占。立花龍司トレーニングコーチとの「太く長く」を目指したトレーニングも功を奏した。翌1994年は右肩痛のため目立った活躍が出来なかったが、西武との開幕戦では8回までノーヒットノーランに抑える素晴らしい投球。味方打線も8回まで無得点だったが、9回表に石井浩郎が3ランホームランを放ち大記録達成を予感させた。しかし9回裏に先頭打者の清原和博にツーベースを打たれ史上初の開幕戦での大記録は途切れたが、後に大リーグでこの夢は現実のものとなる。

なお、清原のツーベースの後フォアボールとセカンドゴロエラーで1死満塁としてしまい、ここで鈴木啓示監督はピッチャーを野茂から赤堀元之に交代してしまう(結果、西武の伊東勤が野茂の後を継いだ赤堀から史上初の開幕戦サヨナラ満塁ホームランを放つ)。鈴木監督が開幕前日「エースの野茂と心中する」と言っていたにもかかわらず降板させたことに関して「なぜ降板させたのか」という世間の批判が噴出し、同時に鈴木の監督としての手腕・人間性が疑問視されることとなった。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています。

野茂英雄eincome 
黄金のルーキー伝説(VHS)
詳細はリンクをクリック!
イチロー/野茂英雄/他/ライジング・サン−輝ける日本人プレイヤー...
詳細はリンクをクリック!
イチローは「天才」ではない
詳細はリンクをクリック!
野茂英雄 2004 Playoff Prestige Playe...
詳細はリンクをクリック!





原辰徳

7月22日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

現巨人軍の監督を務める原辰徳1958年の今日が誕生日です。

東海大相模高時代は1年生からレギュラーの三塁手として活躍し、
3年連続で夏の全国高等学校野球選手権大会に出場。

甲子園には合計4回出場した。当時のチームは、原辰徳のほかにも、
津末、綱島、佐藤、村中らの好選手を擁し、高校野球ファンにも鮮烈な記憶を残している。

高校卒業後、東海大学に進学、東海大学の試合は原辰徳目当てのファンが観戦することに対応して、加盟校のグラウンドで行われていた試合に加え、当時の川崎球場や横浜スタジアムなどを使用した。

原辰徳が1年生の秋に行われた明治神宮野球大会では、当時東京六大学リーグのエースとして君臨していた法政大学の江川卓と対戦。4打数2安打1本塁打とファンの期待に応えた秋の明治神宮野球大会では1試合3本塁打を放つなど、「長嶋の再来」の期待をさらに大きなものとしていた。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています。


原辰徳eincome 
ストリートワイズ
詳細はリンクをクリック!
長嶋茂雄笑顔の言葉
詳細はリンクをクリック!
プロ野球名選手読本
詳細はリンクをクリック!
黄金のルーキー伝説(VHS)
詳細はリンクをクリック!

井川慶

7月13日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

今後の動向が注目される井川慶 1979年7月13日が誕生日です。

茨城県東茨城郡大洗町生まれのプロ野球選手(投手)。
阪神タイガース所属。背番号29。身長186cm、体重91kg。左投げ左打ち。
愛称は「ダッペ」「エース井川」。

水戸商業高校時代、春の県大会竜ケ崎一戦で7回参考記録
(コールド勝ちのため)ながら18奪三振で完全試合を達成する。
夏は腰痛のためほとんど登板機会がなかった。決勝(水戸市民球場、
茨城東)のマウンドに痛み止めの注射をうってあがるも、自らのミスなどで
4失点し敗退。甲子園出場は無かったが、東のドクターKとして一部では有名な選手であった。当時川口知哉(元オリックス)、能見篤史(阪神)、井川慶
の3人で「高校生左腕三羽ガラス」と呼ばれた。

1997年 ドラフト2位で阪神タイガースに入団。阪神以外には日本ハムなど
が興味を示したが、先述の腰痛が懸念材料となり、結局は阪神の単独指名だった。プロ入り後は制球難に苦しみ1イニング3暴投、1試合4暴投と当時の
ウエスタン・リーグ記録を更新するなどした。

打高投低の中、現役投手で毎年ローテーションを守り、10勝以上あげるこ
とのできる投手は、数人しかいない。
2001-3年に見せた、チェンジアップ、クロスファイア、マウンドで躍動し
バッターへ向かっていく姿は、エースとして阪神を牽引した。その後、
他球団から研究され尽くされているのにもかかわらず、地道な体のケア、
トレーニング、ピッチングの工夫を続け、毎年200イニング前後の登板、
上原や松坂ですら未だ達成していない5年連続2桁勝利(すべて13勝以上)
をあげた井川慶は、球界を代表する左投手の一人である。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。