亀田興毅

11月17日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

浪速乃闘拳こと亀田興毅 1986年11月17日が誕生日です。

プロボクサー。亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は弟、
亀田史郎は父にあたる。階級はライトフライ級(フライ級から転級)。

スタイルはサウスポーのファイターボクサー。2006年8月2日現在、
アマ戦績16戦15勝1敗、プロ戦績12戦全勝(10KO)、最高位はWBAライト
フライ級世界王者(フライ級4位)、WBCフライ級世界4位。血液型はB型。

公共・公式の場であっても不遜な口利きを貫いている。
本人曰く「敬語は尊敬できる相手だけに使えば良い」。これらは、
プロレスで言うところの「アングル」のように、ある種のショーとして
偽悪的態度を装っていると言われている。

また、かつてモハメド・アリがしていたように、わざと大口を叩いて相手
のみならず自分自身にもプレッシャーを与えているのだ、とも解釈されて
いる。

2006年8月2日のタイトルマッチの翌日の読売新聞に「個別の取材では
とても丁寧な言葉づかいで好感が持てた。もうこんなキャラを演じるのは
止めたらどうか」という内容の記事が掲載されていることからも、態度の悪さはTV用のパフォーマンスであることが窺える。

(過去にも、週刊ポストや週刊文春の記事に「素顔は礼儀正しく、敬語も
正しく使える」旨の記述があった)。しかし、これら一連の
パフォーマンスの真意は必ずしも世間に伝わっているとは言えず、
その傲慢とも受け取れる態度に関しては、世論も賛否両論に分かれている。

TVワイドショーのコメンテイターの中にも、やくみつるのように
「ですます調で話せるようになりなさい」と注意する者もいる。
しかし、父・史郎はそんな息子の態度を「青春の1ページ」などと言って
擁護し、批判的なコメンテイターやマスコミの意見に反発している。

興毅本人も、数々のバッシングに対し、少なくとも表向きには動じた様子は見られない。

一部では「亀田兄弟は下に行くに従って態度が悪くなっていく」とも報道
されている。これは、「パフォーマンス用に作られた興毅のチンピラ的態度」を見てきた弟の大毅や和毅が、その「チンピラ」の表層だけを真似て
しまい、きちんとした礼儀などを学ばずに育ってきたためではないかと見
られている。

カルロス・ファハルドが同席した世界前哨戦の記者会見において、減量に
苦しむファハルドの目の前で骨付きチキンを頬張り、清涼飲料水を一気飲
みして挑発。また同戦の前日計量においては、ファルハドの写真を貼った
フライパンを素手で折り曲げていた。

ライトフライ級タイトルマッチとなったファン・ランダエタ戦の前日計量
においては、ハンバーガーを食べながらキューピー人形(ファン・ランダエタのあだ名『ベイビー』にちなんだもの)を渡したが、ランダエダはジョークと受け取り笑って対応した。

ランダエタは返礼として、試合前の計量の時に紙おむつとおしゃぶりを
手渡そうとしたが、興毅はそれを見るなり受け取ることなく床に叩きつけた。

その後、史郎がランダエタに興毅との握手を催促するが、ランダエタは拒否。それに対して史郎は「おまえがオムツしとけや!コラァ!」と恫喝していた。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています

赤井英和

8月17日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

浪速のロッキーと呼ばれていたボクサー、赤井英和1959年の今日が誕生日です。

浪速高等学校入学と同時にボクシング部で活躍し、3年生に「ライトウェル
ター級」でインターハイ、アジアジュニアアマチュアボクシング選手権を
優勝した実績を引っさげて、近畿大学進学。モスクワオリンピックでも
日本代表は確実視された。

しかしいわゆる東西冷戦のあおりを受け日本代表の出場辞退(ボイコット)によりオリンピックへの道を断念。学生プロボクサーに転向することが決
まった。

プロになってからの赤井は当時の日本記録である12試合連続ノックアウト
勝ちという快挙を成し遂げ、その試合スタイルから「浪速のロッキー」と
いう愛称が付き、世界タイトル獲得も時間の問題とまでいわれ、試合後の
ユニークなインタビューのコメントも人気を呼びノンタイトル戦ながら
全国中継(朝日放送発)で取り上げられるまで注目を集めた。

なお、連続ノックアウト勝ちは無論快挙ではあるが相手選手の選択について無名または格下の選手が多かったこと、この所属ジムでは赤井以降も同じようなマッチメイクをしていた事から当時から現在に至るまで疑問符もついている。後にインタビューでこの点を指摘された赤井は周囲の人間の事も考慮して冷静に答えている。神経の細かさは人柄の良さと同時にボクサーとしての欠点でもあった。

1983年7月7日に開かれたブルース・カリーとのWBCジュニア・ウェルター級世界タイトルマッチで善戦するが、ここでノックアウト勝ちをという目標を立てていた第7ラウンドで皮肉にもテクニカル・ノックアウト負けを喫してしまい世界タイトルは逃してしまった。

当時のトレーナーだったエディ・タウンゼントは誰とは言っていないが、そのボクサーは優れた才能はもっているがボクサーとしては(「女性」などの)誘惑に弱すぎた、誘惑の味を知ってからの世界へのスタートは遅すぎるという趣旨の発言を後にしており、後々までの語り草になった近大時代のモテっぷりからほぼ赤井の事を指しているのは間違いない。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています。



渡嘉敷勝男

7月27日今日は何の日 毎日が記念日なのよ!

とかちゃんの愛称で親しまれている渡嘉敷勝男 1960年の今日が誕生日です。

幼少のころから絵に描いたようなやんちゃ坊主で、高校時代は喧嘩に明け暮れる札付きの"悪ガキ"だったそうである。

浪速工業高校中退後、単身で上京。当時のWBA世界ジュニアフライ級王者
具志堅用高が所属していた協栄ジムに入門。プロボクサーを目指し始める。

1984年8月、敵地でWBC世界ジュニアフライ級王者張正九(韓国)に挑戦するが、9回TKOに敗れ、渡嘉敷勝男世界王座返り咲きならず。結局、この試合を最後に現役を引退。

最終戦績は19勝(4KO)4敗2分。

引退後芸能界入りし、タレントとして活動し始める。「風雲!たけし城(TBS)」、「たけし・逸見の平成教育委員会(フジテレビ)」等にレギュラー出演。「平成教育委員会」では毎回のように珍解答を連発し、多くの視聴者に笑いを提供していた。

現在は東京都内に「渡嘉敷ボクシングジム」を開設。同ジム会長として後進の指導に当たっている。ジムを開設してからは、後進の育成に力を入れるようになってきており、以前と比べると、タレントとしてのテレビ出演は減っているのが渡嘉敷勝男の近況です。

こちらにも今日、誕生日を迎えた有名人がでています。


ボクシングeincome 
140cmバーベルシャフト
詳細はリンクをクリック!
金属トロフィー(T-32)
詳細はリンクをクリック!
ミリオンダラー・ベイビー(通常版)
詳細はリンクをクリック!
今なら送料無料!TV通販で人気爆発中ダイエットサプリメント!品薄...
詳細はリンクをクリック!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。